FC2ブログ
FEEL Blog(プロモーション映像制作)
運だけで生きている奥田のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泥に咲く蓮のように
もうすぐ、今年も終わりですね。

奥田です。
(まじめな方の奥田です。)

あなたは手塚治虫先生をご存知ですか?

って知ってますよね。


先生の描く世界観は本当に奥が深い。
先生のIQはアインシュタイン並みではないかと。

火の鳥、
ブラックジャック、
・・・あげたらきりがないのですが、

私は中でも「ブッタ」が大好きです。
(本当は火の鳥が一番大好きですけど、
話の流れ上、ブッタにしてあります。)

特にミゲーラ(女性)が感染症の病気にかかっているシーン。
全身膿だらけです。

シッタルダ(ブッタ)は叫びます。

「ここにも苦しみに耐えぬいている人達がいる」と。

そして、
ブッタはその膿を1年間、
口で吸いだし病気を治します。

体中の膿を口で吸いだすんです!

1年間も!

壮絶です。


このページを見るたびに、熱い気持ちになります。

結局、
自分を救えるのは、
自分自信であるとともに、
人の愛でもあると。


ブッタは人生とは苦悩の連続であるとして
描かれています。

多種多様の苦しみと
多種多様の登場人物。

あなたも一度読んで、
自分の人生を噛みしめてみてはいかがでしょう?

あなたにとって人生とは
どんなものでしょうか?


生きるのが辛いでしょうか?
誰だって、そんな時ありますよね。


今の私は人生を辛いものとして捉えていませんが、
たしかに、これまで様々な苦悩がありました。


人生の壁にぶつかったら・・・・

そういう時は、
「蓮の花」を思い出しましょう。

この世は煩悩の世界。

例え、どんなに辛く苦しい目にあったとしても、
その先には必ず「悟り」があり、
泥が濃いほど「蓮の花」は、
美しく大きく花開きます。

「美しい花を咲かせるために
泥は必要である。」

蓮の花は私たちにそう教えてくれています。

また、
私の解釈ですが、

先ほどのブッタの様に
苦しみに耐えている人(泥)を照らす(救う)蓮の花。
というイメージも持っています。


人生を一生懸命に生き抜いて、
泥に美しい大きな花を咲かせるとともに、

泥で苦しむ人を照らす、蓮の花でありたい。

そんな生き方がしたい。

そう思います。


あなたを苦しみから救う「蓮」専門の雑貨屋さんはこちら
http://youtu.be/5HOANcUFyH8

蓮の様に美しく、私たちを照らしてくれる
オーナーがいるお店はこちら
http://youtu.be/5HOANcUFyH8

奥田のコメより、
ブッタが読みたいひとはこちら
http://amzn.to/V1995I





┏━━━━━━━【お問い合せはコチラまで】━━━━━━━┓
【メール:】
feelsmobi@gmail.com

【フィールHP・お問い合わせフォーム:】
http://bit.ly/SfDsXv

【TEL:】
076-240-2767
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


-------------------------------------------------------

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ブログランキング参加中!!クリックで応援おねがいします!
-------------------------------------------------------
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。